トップ

医師が新たな知識を得るためには

医師の学会の意味

研修

医師は休診にして学会に行く理由

ある大学大学病院の内科系のある診療科は、いつもは3人体制で外来診療を行っています。しかし先週は1人態勢でした。多数の医師が海外で行われている学会に出席していた為です。といった場合があります。なぜ、外来診察を休診にしてまで学会に行くのでしょうか。それは、やはり最新の治療法を知るためです。治療法が確立されていない疾患では尚更のことです。世界各国から集まる専門家と共に、新しい治療戦力を探ったり情報を交換します。ポスター展示による発表では、直接色々な医師が質問をしてきます。そしてお互いに何かあったら相談させてください、と名刺を交換します。そうして人脈を広げることで、迷った症例があった場合は意見を求めたり相談したりすることができます。この薬のことはA大学のA先生が詳しかったはずだ、あの治療法のことはB大学のB先生が詳しいはずだ、など多くの人の力を借りて、患者さんの治療にあたることができます。一人の力などたかが知れています。多くの人脈をもっている医師が、良医とも言えるのです。学会は知識だけではなく、人脈を広げるためにも重要です。休診で患者さんに迷惑をかけた穴埋めは、必ずどこかでしているはずです。

学会に参加する事について

医師は積極的に学会に参加した方が良いです。なぜなら、それに参加する事によって多くの知識や情報を身に着ける事が出来るからです。また、他の方との人脈を構築する事が出来るからです。学会に参加する時は事前に所属する医療機関のスタッフに連絡しておいた方が良いです。事前の連絡が遅れると様々な手続きがスムーズに行われず患者に対して安定した医療サービスを提供する事が難しくなるからです。早めに学会への参加を伝えていればスムーズに代わりの医師を決める作業を行えます。これに参加する場合、多くの時間とお金がかかります。医療機関や個人によってはこれらがネックとなり参加をやめるケースもあります。しかし、参加すれば多くの利益を当人、医療機関、患者にもたらします。長期的な利益を考えて参加するかどうか決めた方が良いです。自身の学びの場になるだけではなく、スピーチを行う能力やコミュニケーション能力を高める場所にもなるので参加した方が良いです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が新たな知識を得るためには. All rights reserved.